Triadicコース

Triadicコースは、他のコースとねらいが若干違います。マルチスペシャリストを育成するための IT-Triadicプログラムでは、ソフトウェア開発、セキュリティー、そしてロボット工学の3つの専門分野を軸に、複合的な技術視点を養うためのプログラムを提供しています。一方、このTriadicコースでは、システム開発をリードする人材に必要な”マルチな視点そのもの”を持つことをねらいとしています。

実社会でシステム開発をリードしていくためには、技術の視点だけではなく、利用者の視点、商品企画の観点、経営者の視点など複数の視点から解を見つけ出すことができる能力が求められます。
この Triadicコースでは、将来、超上流工程に代表されるような商品企画や経営視点などを含めた360°の視点を持った技術者として、社会をリードできる人材の育成を目的としています。
 
Triadicコースの履修プランは、IT-Triadicの特徴である先端複合演習(Studio for Advanced IT)の選択を中心に行います。IT-Triadic指定の全科目が対象となり、その中から、自分に合った履修プランを、 インストラクターとともに組み立てます。