IT3修了認定要項(平成27、28、29年度)

平成28年4月1日確認

IT-Triadic 運営委員会

基本方針

  • 各コース別に下記の通り定められた所定の単位数を取得した学生に対して IT3修了認定書を授与する
  • SpiralコースとKeysコースは他大学との共同プログラム(enPITクラウドおよびenPITセキュリティ)を含んでおり、各プログラムの認定証も別途授与される
  • 演習テーマ選定にあたり、事前にIT3インストラクタの指導を受ける

各コース毎の認定要件

Keysコース(SecCap+先端複合演習2単位)

  1. SecCap指定科目群から基礎科目4単位、応用科目群6単位 (ここまでで、SecCap修了認定。詳細はhttp://security.enpit.jp/を参照)
  2. 先端複合演習IまたはIIにより2単位。但し、テーマ選定にあたり、事前にIT3インストラクタの指導を受けること

RTコース(次世代ロボティクス技術者育成)

  1. RT指定科目群から基礎科目4単位、および、応用科目5単位.
  2. 先端複合演習IまたはIIにより2単位
但し、科目・テーマ選定にあたり、事前にIT3インストラクタの指導を受けること

Spiralコース(基礎科目+CloudSpiral+先端複合演習2単位)

  1. CloudSpiral科目群(基礎および応用)全単位必修(ここまででCloudSpiral修了認定。詳細はhttp://cloud-spiral.enpit.jp/を参照)
  2. Spiral指定学内科目群(基礎科目または応用科目)から2単位
  3. 先端複合演習IまたはIIにより2単位(但し、テーマ選定にあたり、事前にIT3インストラクタの指導を受けること)

Triadicコース(マルチスペシャリスト育成)

  1. IT3指定科目群から基礎科目3単位、応用科目3単位、合計6単位(基礎・応用ともにKeys,RT,Spiral各分野のうち異なる2分野からの科目を含むこと)
  2. 先端複合演習IおよびII(必修)により4単位
但し、科目・テーマ選定にあたり、事前にIT3インストラクタの指導を受けること
 
※以上は修了認定に必要な最低単位数であって、それ以上の単位数取得を妨げるものではない。