[IT3-02] 自律式ローバーの設計・実装・テスト

タイトル

   自律式ローバーの設計・実装・テスト

概要

  LEGO Mindstorm によるロボットを宇宙探査機ローバーと見立て、そのソフトウェアの要求分析、ハザード分析、設計、実装、テスト、納入までの開発作業一式を行う。開発はチームで行い、JAXA から発注されたという想定で、JAXAの方々から要求を抽出するところからはじめ、最後は、つくばにあるJAXAにて納入のためのデモを実施する。開発の前に、JAXAの研究員による講義を数回NAISTにて実施する。

目的

  単なるプログラミングだけでなく、実際の開発作業で重要となる要求分析、設計、テストなどに重点をおきながら、チームによる開発の実際を学ぶ。特に、組込みソフトウェアの開発において重要となるハザード分析や安全設計、各種検証技術について、実践を通じて習得することを目指す。

言語

  日本語、英語

募集人数

  各プロジェクトあたり2~5名程度、全体で最大4プロジェクト程度

募集分野

  ロボティクス、セキュリティ、ソフトウェア

受講条件

  特になし

開講時期

  事前知識の為の講義を7月24日(3限)、7月26日(5限)、7月31日(3限、4限)に先端ソフトウェア工学Iの一部として実施(演習参加者はこの部分のみの聴講を認める)。その後、各プロジェクトで開発を進め、8月8日中間審査会、8月21日8月20日最終報告会

実施形態

  講義とPBL。実施場所は主にNAIST。最終報告会はJAXA(つくば市)にて。

単位

  2単位

担当教員

  飯田、田中、高井

詳細案内

  7月2日(説明会)