Design as UX2021(大阪芸術大学合同による超上流工程からのシステム開発演習)

事前受講登録フォーム (5/15〆切)

タイトル: Design as User Experience 単位数: 2単位(情報理工学PBL1+PBL2) +関連講義1単位×2

目的: 超上流工程からシステム要件定義までを体験するPBL( Project Based Learning )型演習を通して、下記を学ぶことを目的とします。

  • 超上流工程(UXデザインプロセス)
  • 探索方フェーズにおけるプロジェクトマネジメント技術
  • ポストモーテム手法とプロセス改善技術

概要

特記事項

演習実施場所はハルカスの大阪芸大スカイキャンパスですが,緊急事態宣言等の発令状況の応じて,リモート講義・演習に切り換える可能性があります(Zoom使用)。

12月の最終発表会はハルカスで実施する予定です。

受入員: 上限20名程度

受講条件:

  • 超上流(要件開発),UXデザインプロセスに興味があること
  • 新規サービス開発や新しいアプローチに興味があること

授業実施場所: (随時掲載)大阪芸術大学スカイキャンパス(https://www.osaka-geidai.ac.jp/guide/access?tab=skycampus

時間割: 土曜日の15:00~18:00(3コマ)を基本とする。合宿等の詳細は別途連絡

開講時期(スケジュール): 

  • 5月22日~12月18日(不定期実施)詳細は添付PDF参照(随時更新)

担当教員(問い合わせ先): 情報科学領域ソフトウェア設計学研究室 田中 康(Yasushi Tanaka)yasushi-tanaka@is.naist.jp

授業協力:

丸田 絃心 / CSカレッジ 代表
外資系投資銀行、広告代理店、コンサルティングファームを経て、AI系スタートアップでカスタマーサクセスを立ち上げ。カスタマーサクセスの講演や外部顧問などを多数歴任。
日本最大級のカスタマーサクセスコミュニティ「CSカレッジ」を設立・運営し、1100名を超える規模のカスタマーサクセスカンファレンスを個人で開催。(株)日立アカデミー様のカスタマーサクセス講座で研修講師も務める。
慶應義塾大学 卒業。UCバークレー ESEC修了。

*カスタマーサクセス(CS)は、新規ビジネス創発分野で現在最もホットなテーマです。北米はじめ日本でもCS関連のスタートアップ企業が相次いでいます。本授業では、日本でのCSをリードする丸田さんをゲスト講師に頼み、新規ビジネス創発でのCS観点の組み込みの講義や指導をいただきます。
また、CSを実践している日立製作所のメンバーも参加予定です。

八木 将計 / 日立製作所
京都大学大学院工学研究科 博士課程修了。博士(工学)。株式会社日立製作所の研究所に所属し、プロセス改善の研究、およびその研究成果の現場への適用業務(社内、社外)に従事。主に全体最適の経営理論であるTOC (Theory of Constraints:制約理論)を用いたコンサルティングを行っており、TOCを用いた新ビジネス立ち上げた。
著書『バッファデザインー製造業における多品種少量・短納期化に応えるため』(2020/6/1)、
論文『マルチタスクが「QCD」を奪う(ソフトウェア品質シンポジウム2016)』ほか、講演・論文発表多数。