システムアシュアランス演習

概要 / overview

  • 1単位予定(PBL1/2)
  • 企業の協力のもと実施 / collaborative work with industry, etc.
  • 実施時期 / period
    •  2018年6月〜2019年1月

ねらい / Aim

  • システムアシュアランスの背景と目的について理解する
    To understand the backgroupd and the purpose of system assurance
  • システムやソフトウェアのリスクについて、証拠に基づき納得できる形で論証するシステムアシュアランス活動を体験する
    To have experience system assurance activities, including to convince stakeholders about system and software risk-related properties based on evidence 
  • 論証に必要な記述技術、分析技法、論証を構造的に記述するための議論学の技術を修得する
    To learn abilities of description and analysis techniques about risks and arugumentation theory in which arguments are structurely dscribed

実施形態 

  1. Intensive lectures on system assurance 集中講義
  2. Select a topic and propose a plan 演習課題の選択と提案
  3. PBL: Analyze, argue and account risks in the target system / PBL: 演習課題における対象システムのリスクの分析・議論・説明
    • 企業訪問、企業とのワークショップ、インターンシップを含む可能性あり
  4. Present the result 外部研究会での成果発表

スケジュール / Schedule

CloudSpiralやSecCapの予定とは重ならないよう考慮しています。都合が悪い場合は相談してください。希望者はtakai@is.naist.jpまでメールしてください。相談はいつでも受け付けます。

  • 第一回目実施分
    • 申し込み締め切り:6月21日(木)15:00
      • 高井(takai@is.naist.jp)までメールまたは直接知らせてください
        • 6月21日は、10:00からA302にいますので、相談に来てもらっても構いません
    • キックオフ:
      6月21日(木)15:10~16:40
    • 演習実施期間:2018年6月~2019年1月
    • 2回以降仮スケジュール
      •  7月 5日(木)講義対象システムの定義
      •  7月19日(木)実習:対象システムの定義
      •  8月 2日(木)講義:リスク分析
      •  8月23日(木)講義:論証構築
      •  9月 6日(木)実習:リスク分析
      •  9月20日(木)実習:論証構築
      • 10月 4日(木)テーマ決め
      • (10月〜11月、外部の方にレビューを頂く機会を得る)
      • 2018年12月〜2019年1月に最終報告会

説明スライド / The slides

参考URL / related URL

担当教員

高井(takai@is.naist.jp)