Design as UX演習(PBL1&2 相当)再告知

Design as UX演習(PBL1&2 相当、情報理工学PG/知能社会創成学PG(制約あり)対象)のご案内です。

追加告知:コーポレートパートナーとして、カスタマーサクセス@ABEJA様および日立製作所様から最新のUX設計技法や顧客価値設計についての特別講義などのサポートが得られることになりました!

本演習は5月22日に第1回を実施します。参加希望者は(PBL登録とは別に)今週中に本サイトの応募フォーム(https://it3.naist.jp/UX2021/regist )から事前登録を御願いします。
なお、初回から大阪芸術大学スカイキャンパス(なんばハルカス24階)に集合して実施する予定でしたが、新型コロナ対策の緊急事態宣言が大阪府に出ているため、初回はZoomを用いたリモート講義とします。
※六月以降に
緊急事態宣言が解除になり、スカイキャンパスが利用可能になった段階で、現地に集合しての演習を実施します。その場合も、感染予防のためにリモートの受講を希望する学生には最大限配慮します。
※スカイキャンパスまでの往復の交通費(NAIST起点で算出)は大学から支給されます。

どんな内容? → 昨年度の演習成果の動画をご覧ください!

 

演習内容詳細、日程:PDF icon UX演習授業説明(20210407).pdf  (9.24 MB)

4月に実施した説明会の動画:ファイル Design-as-UX-2021説明会.mp4 (39.69 MB)

詳しくは演習HP( https://it3.naist.jp/UX2021)を参照してください

2020年度 UX演習一般展覧会のお知らせ

マンガ駆動システム開発演習2020発表会

2020年12月19日(土)14:00-15:30 on Zoom

イベント登録フォーム:Connpass

https://connpass.com/event/196518/

ソフトウェア工学では、作るための技術が成果をあげてきました。その一方で、何を作るかを構想し定義するための技術は、今まさに重要な課題となっています。

平成24年度から続く本授業では、サービスを構想し開発するプロセスに、日本が誇るマンガ技法を適用しております。

今年度は、これまでの要件の妥当性検証に漫画を適用する試みからさらに一歩踏み込んで、サービス開発での要件開発プロセス全体をSF漫画制作で置き換えるという試みにチャレンジ。SF漫画制作を漫画制作メンバとシステム開発メンバとが協業する過程を通して、システム要件を練り上げてみようというものです。

さて、その試みの結果は?

本年は、COVID-19の影響の中、全ての開発プロセスをオンラインで実施。また、成果物も、Amazonで配布するなど、新しい授業の形態を試行しました。

 

Tags: 

2019年度 UX演習一般展覧会のお知らせ

マンガ駆動サービス開発 授業成果展覧会

奈良先端科学技術大学院大学 大阪芸術大学 合同PBL演習

2019.12.21(土)
15:00-18:00

あべのハルカス24階
大阪芸術大学スカイキャンパス

ソフトウェア工学では,作るための技術が成果をあげてきました.その一方で,何を作るかを構想し,定義するための技術は、今まさに重要な課題となっており,「デザイン思考」などの異分野の技術を取り込む動きなどが見られます.

企業においても,新しい事業やサービスの開発は,喫緊の課題となっているようです.平成24年度から続く本授業では,サービスを構想し開発するプロセスに,日本が誇るマンガ技法を適用しております.

昨年度に引き続き,今年度も,パナソニック株式会社様のご支援を受け,2チームが新サービス開発に取り組みました.

漫画技法の効用はいかに.皆さまの目で確かめていただければ幸いです.

展覧会プログラム

 ・ポスター展示 15:00〜18:00
 ・プレゼンテーション 16:00〜17:00

あべのハルカス・スカイキャンパス
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
あべのハルカス24階
TEL. 06-6654-5557

PDF icon 展覧会案内2019.pdf (808.01 KB)

 

Tags: 

Subscribe to IT-Triadic RSS